/*

そろそろ、引きこもり=ダメ人間って考え方は変わっていいと思う

LINEで送る
Pocket


だってどうにかしたいって思っている
引きこもりの人の方が
このままでいいと思っている人より
圧倒的に多いと思うし。

家族や周りの人が心配してくれるのは
ありがたいことだとも思うけれど、
たぶんその何十倍も、何百倍も
本人が一番、不安なのだし。

どうにかできればどうにかするけれど、
何がどうなれば「大丈夫」なのかも
引きこもりじゃなくなる方法も
努力しようにも、力の入れどころが分からないのだし。





私だって今は、自分の会社を設立して
社長になって1年経ったけれども、
他の人の目から見ても、明確で、分かりやすい
結果が出るようになるまで、

その前の準備期間、下積みのような時間の方が
まだまだずーっと長いのだし。




その、周りから見たら
何にもできていないような時期は
本人にとっても結構辛かったりする。

しているんだよ、いろいろとね。

ただ、自分で一から仕事を作る、
という働き方は
すでに他人によって用意された仕事を
ただこなすだけの働き方と違って

今日15時間働いたからって
15時間分のお給料がもらえるわけじゃないから。




そのかわり、
今日の15時間、明日の15時間、あさっての15時間と
積み重ねたら、そのうち、

人にしつらえてもらった仕事を
ただ消化するだけの働き方では
一生かかっても稼げないような金額を
たった一年で稼いでしまうことが
可能になったりするのだけれど。




どんなに孤独でも、
勉強して、努力して、工夫して、
実験と改善を繰り返して、
収入を生み出す仕組みを作れたら。

その「仕組み」自体が資産だし、
そんな「仕組み」を創り出せる能力は
もっともっと大きな
比べものにならないほど
尊くて立派な財産になるから。




引きこもっている、というだけで、
今、結果が出せていないというだけで、
十把一からげにするのは
そろそろやめてもらってもいいんじゃないかと思うんだ。

文句を言ったり
責めたり
見下したりするなら

その前に

何を望んで
どういう目標を持って
どんなことに挑んでいるのか

くらいは聞いてからにしてほしいよ。




それに、そんなこともまだ分からないで
困り果てている人を
よってたかって叩くような
弱い者いじめもやめてほしい。


だいたいみんな、5年後、10年後の自分は
こうなっているんだ、なんて
明確に分かっているの?

引きこもりという状態じゃないというだけで
たいがいぼんやりとしか
考えていないんじゃないかな、誰だって。




私は、社長になる前も、なってからも、
もう何年も引きこもっていることについて
誰に何を言われたって大して気にならないのだから

引きこもりの人間に対して
何か言わなければ気が済まないというのなら
私みたいなのを相手にしたらいい。




引きこもっていない人から見たら、
引きこもる人の心理はきっと謎だろうし、

分からないから、その分、
どうにかしなくちゃ、と焦る気持ちも想像できるし、

得体が知れないようで
異様だとか不気味に感じるとしても
私も自分が引きこもりになる前は
引きこもっている人に対して
同じように感じていたのだからよく分かるし。




何が言いたいかというと、
引きこもっている、という現象が同じだけで
引きこもっている全員が、だらけてさぼって
遊んでいるばかりじゃないのだということ。




辛さを分かって、なんて甘えたことを言う気は
まったくない。

どんなにどうしようもなく思えても、
ひとりひとりが自分で選んで
引きこもっているのだからね。

ただ、せめて、どうにかしようともがいている人のことは
そうっとしておいてあげてほしいと思うんだ。

LINEで送る
Pocket


This entry was posted in ゆっくり社長の起業論. Bookmark the permalink.

Leave a reply