『引きこもりの野望』 始動しています

LINEで送る
Pocket


日本中の、いえ、全世界のみなさん、
お待たせいたしました。

2007年か2008年くらいから引きこもって
8年か9年くらい経つ、
現役引きこもりで、しかも自分の会社の社長でもある
わたくし片桐いつきが、

長年家の中、心の中で小さく、でも力強く、
灯し続けた小さな炎を、
いよいよ、心の外へ、体の外へ、
そして何と、家の外へと
燃え上がらせるときがとうとうやってまいりました。




今、引きこもっている、
多くの人の心の中にも、

「いつかはこうじゃなくなるんだ」

「引きこもりじゃなくなって、
 ずっとしたかったことをするんだ」

そんな想いが、外からどんなに踏みにじられても
決して消えない炎のように、
在り続けているのではないかなぁ、と想像します。




そして、もしあなたにそんな想いがあるならそれは、

「でも、家にいるのが一番安心するし心地いい」

という感情と、
矛盾するみたいに同居しているはずです。




私も、

「できれば外には出たくない」

という気持ちは、今でも思いっきりあります。


だって、外には危険があふれているし、
家の中にいたら、絶対ではないけれど、
外にいるのなんかとは比べものにならないくらい
ずっと安全で、安心できるし。




けれどその一方で、

外へ出かけて行ってしてみたいこと」 や

家からでなければできない、したいこと」 も

たくさん、たくさん、あるわけです。




それはだって、
引きこもりとして生まれたわけではないのだから。

外の世界でしか味わえない、
家から出なければ経験できない、
素敵なことや、素晴らしいことで、
世の中はあふれている、ってことも
知ってしまっているんです。




そして、おもしろいと思ったことは
その瞬間からもうはじめている性質の私でも、
引きこもりになってからは
せっかく発見したり、思いついたりしたのに、
どうしても実行できないことが出てきて、

この8年とか9年の間に、
どんどん、どんどん積み重なって、
書き出してみたら
100個を軽く越えるほどにまでなっていました。




その中でも、特別な理由や、想いのために、

「何としてでも自分はこれをするんだ!」

と、本当に、
世界中に向けて叫びたいことがいくつかあります。




どうしてもしたいこと、
しないでいられないこと、
しないまま、今、死んだら、
絶対にものすごく後悔をして、
きっと死んだって死にきれないようなこと。


そんな、強い、強い、想いに駆られて、
とうとう私は、自分の体と心を、
家の外の世界へ連れ出すことに決めました。

だって、引きこもったままでは、
家の外に出ていかなければ、
その場所に、そのとき行かなければ、
決してできないことだから。




私は、言葉どおり、
インターネットを通じて
自分の野望を世界に向けて発信し、

「絶対、やり遂げてみせる!」

と、すでに宣言しています。


そして、実際に、
もう、動きはじめています。




こうなったら、斜面を転がる岩のようなものです。

どんなにおっかなく思えても、

いろんなものにぶち当たって
傷だらけになったとしても、

私を止めることは、
誰にも、何にもできません。




詳しいことは、また、
次の機会にお伝えしますね。


でももう、新しいウェブサイトもできているし、
YouTubeには、すでに何本か
動画が公開されているんですよ。

LINEで送る
Pocket
スポンサーリンク


This entry was posted in 引きこもりの野望. Bookmark the permalink.

Leave a reply