青色申告 支払いにクレジットカードを使うときは 「未払金帳」で管理します

LINEで送る
Pocket


クレジットカードを支払いに使うと、

クレジットカードを使った日
口座から引き落とされる日

間が空きますね。



クレジットカード利用から
引落しまでの一連の流れを管理するためには、
未払金帳」を使います。







1.未払金とは

未払金とは、
これから支払う予定だけれども
まだ支払っていないお金のことを言います。

クレジットカードを使った場合の
買い物・支払いはまさにそういった性質なので
「未払金帳」を使って管理します。



2.実際の記帳の方法

それでは例をあげて、
どのような流れで記帳をしていくのか
見てみましょう。

今回例にするのは、以下のような出来事です。
クレジットカードは事業専用のものを使っていると仮定します。


・5月 1日 印刷用紙を1,000円分購入し、クレジットカードで支払い
・6月27日 クレジット会社が5月利用分を口座から引き落とし



2回に渡って印刷用紙購入に対する
お金の動きがありますね。

それでは、それぞれの日付でどう記帳すかを見てみましょう。



3.支払いにクレジットカードを使った日の記帳

クレジットカードを使った支払いは
「未払金帳」で管理することはお話しましたね。

未払金帳に必要事項を記帳しましょう。

未払金帳 クレジットカードを使用した場合の記入例



次に、同じ内容を「経費帳」にも記入します。

経費帳とは 事業に必要な物品の購入や
料金支払いなどを記入する帳簿群です。

支払った事柄、経費の性質などにより、
必要な分だけ経費帳を別個に作り、
経費を管理します。

青色申告 経費帳図解

今回記入する経費帳は、
消耗品費」です。

消耗品費経費帳に必要事項を記帳します。

青色申告 消耗品費(経費帳) クレジットカードを使用した場合の記入例

これで、クレジットカードを使って
印刷用紙を購入した日の分の記帳が済みました。




印刷用紙を購入した際のレシートを
きちんと保管しておきましょう。



4.クレジットカード利用分が口座から引き落とされた日の記帳

まずは未払金帳への記帳です。

支払いにクレジットカードを2回以上使用していれば、
一定の期間に使用した額がまとめて引き落とされますよね。

未払金帳にはクレジットカード会社が発行する
ご利用明細書の合計額を
いっぺんに記帳してしまいます。


※ひとつのクレジットカードを事業に必要なこと以外、
 個人(家事)利用分の支払いにも使っている場合は、
 クレジットカード、利用額が引き落としされる口座を
 「事業専用」と位置づけたうえで、
 カードの利用明細の金額をそのまま記帳するのが
 一番単純でおすすめです。

関連記事:
青色申告 個人の使用分が混ざっていても、すべてを「事業専用」として記帳する方が単純です
青色申告 個人(家事)使用分と事業使用分が混ざっている場合の記帳のしかたと自動計算表

青色申告 未払金帳 クレジットカード利用料の引き落とし時の記入例



クレジットカード利用分が
引き落とされたときには、
その引き落としがおこなわれた口座の
預金出納帳」にも記入が必要になります。

青色申告 預金出納帳 クレジットカード利用料の引き落とし時の記入例



これでクレジットカード利用分が
口座から引き落とされた時の記帳は終わりです。

クレジットカード会社の発行するご利用明細書、
預金通帳またはネットバンキングの
口座利用明細を保管しておきましょう。







いかがだったでしょうか。


青色申告をして最高65万円の
特別控除を受けようとするときには、

今回ご説明したように、原則
ひとつの事象に対して
ふたつの帳簿への記帳が必要になります。



慣れるまでは何が何だかという感じて
大変だと思いますが、
65万円の青色申告特別控除を目指して
がんばってみてください。

この記事に関して、分かりにくいことなどありましたら、
お気軽にご質問ください。






関連のある記事

初心者さんの青色申告 >
7. 口座引き落とし・クレジットカードを使うなら
青色申告 個人の使用分が混ざっていても、すべてを「事業専用」として記帳する方が単純です
青色申告 個人(家事)使用分と事業使用分が混ざっている場合の記帳のしかたと自動計算表




引きこもりのまま社長になった
家から稼げる秘密
はここから学びました。
 ↓ ↓ ↓
自由な人生を手にいれる教科書

個人事業をしながら収入を安定させるために
もうひとつ柱となる収入源がほしい、

今は会社勤めだが、副業から
ゆくゆくは独立起業を考えている、

ネットで稼いで自由な人生を手に入れたい、

そんな方にぴったりの
無料電子書籍+動画+メールマガジンです。


特にメールマガジンは、
ネットを事業に使っている人には
読み物としてもおもしろく、
毎回ためになる情報が発信されているので絶対にお見逃しなく!

LINEで送る
Pocket


This entry was posted in 青色申告 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a reply