引きこもりの何がそんなに悪いんですか?

LINEで送る
Pocket


引きこもりになって、本人や、周りが

「困った、弱った」
「不安だ」

と感じたり考えたりするのは、何と言っても

仕事ができなくなった
 = 収入がなくなった

ということが最大の理由だと思います。




逆に言えば、

仕事さえできて
収入さえ得られれば

引きこもりでいることの不安のほとんどは
解消されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク





引きこもることで生じる不都合を他に挙げるなら

・ほとんど外へ出ない不健康さ
・社会から断絶されることによる孤独・疎外感
・人と接し、意思疎通をすることがより困難になる

などがあるかと思います。

(自分が引きこもっていることに
あまり不都合を感じていないので
これくらいしか思いつけませんでした。

きっと他にもありますよね。
よければ教えてください。)




でもこれらにしたって、
とりあえず仕事ができて、
自分の生活を維持出来るだけの収入さえあれば、

今日明日にもどうにかしないと!

というほどの緊急さや深刻さはないように思うんです。




私は、この世でひとりで生きているとは考えていないし
淋しくなったり、人恋しくなったりすることもあるから
完全に社会から断絶されている状態を
望んでいるわけではありません。

でも、だからと言って、

「じゃあすぐに家から出て行けるようにならなくちゃ」

とも思わないんです。




まず、大きな理由には、
インターネットの存在があります。

外には出なくても、ほぼ毎日、
友人や誰かと話しています。




それに、単に家に閉じこもっているのは不健康だから、
という理由では、
なかなか自分の持っている

「家から外に出たくない」

という気持ちを、押しのけられるほど
強い動機にはなりません。




自分のこうした経験からも、
引きこもりの人に

「とりあえず散歩からはじめてみたら?」

とか

「どこでもいいから定期的に
 顔を出す場所を作ったら?」

などという案は、
あまり現実的な助けにはならないと思います。




だって、そもそも、
そんなに軽々しく外へ出られるのなら
引きこもりになんかなっていないのだから。

引きこもりの人が外へ出るには
必ず、まず最初に、「目的」が必要です。

それも、

「人と接することが必要だから」

とか

「引きこもっている期間は短い方がいいから」

みたいな、説教臭い理由じゃなくて。




本当に、心から、
どうにもそこへ行くことや、
何かをするために外へ出ることも
やむを得ない、と思えるような
楽しい目的が
引きこもりの「お出かけ」には必要です。




まずは、引きこもりながらで構わないから、
手の届く範囲で、
自分の興味をくすぐられること、
考えていると楽しいことなどを
見つけてみてください。


「そんなもの、何もないよ」


と言う人も、
何かあるかもしれない、と思いながら
日々を過ごしてみてください。

そのうち何か、
ひっかかりますから大丈夫です。




それで、別にご自身が
引きこもっていることに
不都合を感じていないのなら、
別にその興味のあることと
外へ出かけていくことを
結びつける必要もありません。


もし、引きこもってはいるけれど、
外へ行けるようになりたい気持ちもあるのなら、
その興味を

「外へ出なきゃならない状況」

に、結びつけてみてください。




例えば私だと、
海外に住む友人と話しているうちに、
現地の日本型スーパーマーケットの話題になって、
私が、

「もうほとんどこっちのスーパーと変わらないね」

と言ったら、

「本当? じゃあ写真を撮ってきて見せてよ」

と言われてしまって、
本当は、ああいう人がいっぱいいて、
細かく物が陳列されている場所というのは
めまいがして一番苦手なのに、
友人のたっての希望ということで
這いつくばるような思いで出かけて行って
写真を撮ってきた、なんてことがありました。




そんなふうに自然に、

「出かけて行かなきゃどうしようもない」

という機会ができてはじめて、
ようやく出かけていくことを考えるのてもいいと、
私は思っているんですね。




家から仕事ができて、
自分の食い扶持くらいは稼げている場合、
それでも早急に
引きこもりの状態から脱しないといけない理由って
何なんでしょうか?

私には理由を思いつくことができないんです。
でも引きこもりって、とても悪い、
大問題のように騒がれていますよね。

引きこもりの何が、そんなに悪いですか?
よろしければ、具体的な理由を教えてください。

LINEで送る
Pocket
スポンサーリンク


This entry was posted in 引きこもり社長の頭の中. Bookmark the permalink.

Leave a reply