/*

FastStone Capture(画面キャプチャソフト)で直線を引く方法 【紹介編】

LINEで送る
Pocket


以前にもご紹介した「FastStone Capture」

これなしで記事を作ることはもう考えられないほど重宝しています。

今回は、はじめ少し手間取った、FastStone Captureでの直線の引き方をご紹介します。




※日本語化していないので、すべて英語版を使っての説明になります。


FastStone Caputreで画面をキャプチャした後出てくる編集画面上部の「Draw」をクリックすると、文字列や矢印、四角・丸など、今キャプチャした画像にさまざまな効果を加えることができます。

ただ、ひとつ困ったのが直線を引くとき。

横向きに直線を引く場合はShiftキーを押しながらドラッグすれば直線になるのですが、縦方向で同じことをしても、ぐにゃぐにゃと線が曲がってしまいます。




そこで使うのが矢印のボタンです。

このボタン、マウスポインタを合わせてみると分かるのですが、実はちゃんと「Straight Line(直線)」という名前がついているんですね。でもボタンに描いてあるのが矢印の絵なので、私はてっきり矢印を引くためのボタンだと勘違いしていました。

とにかくこのボタンを押して線を引くと、ドラッグしてマウスから指を離した方の側に矢印がつきます。線部分はまっすぐな直線です。


この矢印つき直線が選択された状態で画面下部を見ますと、

Color Width Arrow…

と左から項目が並んでいて、「Arrow(矢印)」にレ点チェックが入っている状態になっていますので、これを外します。

すると編集中(選択中)の線から矢印が消え、きれいな直線になりました。




分かってしまうと、ただの自分の勘違いだったに過ぎないのですが、最初は「こんなに優れているソフトなのに直線は引けない作りなのか?」などと資質を疑ってしまったりしたものでした。制作者さんごめんなさい。


こういう便利なソフトを使わせていただくたびに、「自分も何かほかの人たちに役立ててもらえるようなものを発信できたらなぁ」と思わずにいられません。




引きこもりのまま社長になった
家から稼げる秘密
はここから学びました。
 ↓ ↓ ↓
自由な人生を手にいれる教科書

個人事業をしながら収入を安定させるために
もうひとつ柱となる収入源がほしい、

今は会社勤めだが、副業から
ゆくゆくは独立起業を考えている、

ネットで稼いで自由な人生を手に入れたい、

そんな方にぴったりの
無料電子書籍+動画+メールマガジンです。


特にメールマガジンは、
ネットを事業に使っている人には
読み物としてもおもしろく、
毎回ためになる情報が発信されているので絶対にお見逃しなく!

LINEで送る
Pocket


This entry was posted in WordPress, 便利, 機能. Bookmark the permalink.

Leave a reply